大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

月別 アーカイブ

2018.01.15 (月曜日)

第37回萱瀬新春駅伝大会

1月14日(日)第37回萱瀬新春駅伝大会が開催されました。
萱瀬体育振興会の主催で、萱瀬地区の町内をはじめ、鹿島市能古見町や大村市内の企業など萱瀬地区外のチームも参加され、16チームが参加されました。

萱瀬中学校を起点に、5区間11㎞で争う駅伝で、午前中の小学生のマラソンと合わせ、地域おこしとして大いに盛り上がりました。

萱瀬地区は12月のイルミネーションをはじめ、地域をあげての催しが盛んに行われており、役員の皆さんは大変だと思いますが、すばらしい取り組みだと感謝しますね。

ekidenn1.jpg

ekidenn2.jpg

ekidenn3.jpg

2018.01.09 (火曜日)

大村市成人式

1月7日(日)シーハットおおむらメインアリーナで成人式が開催され、来賓として出席しました。

当日の大村市での成人者は975名ということでした。

大村市の成人式は、次年度成人式を迎える青年たちが司会をはじめ式を運営し、さわやかな感じで出席者も騒ぐこともなく、素晴らしい式典でした。

市長、市議会議長の祝辞の後、成人者の代表男女1名ずつが「成人の誓い」を述べられました。

また、成人者による歌の披露や大村室内合奏団の演奏など、みんな聞き入ってました。

最後は会場の全員で「大地讃頌」を歌い、成人者の皆さんにとって記念に残る1ページだったことでしょう。

seijinnsiki 4.jpg

seijinnsiki 3.jpg

seijinnsiki5.jpg

2018.01.05 (金曜日)

新県庁舎での仕事始め式及び開庁式に出席しました

1月4日、長崎県の仕事始め式及び開庁式が行われ、出席しました。

行政棟・議会棟では正月休み中に運び込まれた段ボールに入った書類の山を職員の皆さんが、開封作業に追われてました。

9時15分からの式では、中村ほうどう知事が「新しい庁舎になり、ハード面は整備されたが、ここに魂を入れるのがこれからの仕事だ」と切り出し、長崎県総合計画(5年間)の中間年にあたり、今後の取り組みについて抱負を語られました。

2月には県知事選挙が行われますが、ほぼ中村県政が継続されるものと思います。

私も新議場を見学し、この議場において長崎県と地元大村市の発展のために議論を交わしていく決意を新たにいたしました。

sigoto1.jpg

ssigoto5.jpg

sigoto6.JPG

sigoto4.jpg

2017.12.25 (月曜日)

全九州高等学校選抜バドミントン大会開催

12月22日から25日までの四日間、シーハットおおむらで「全九州高等学校バドミントン競技大会」兼「全国高等学校選抜バドミントン競技大会九州地区予選会」が開催されました。

九州・沖縄8県の予選を一位で勝ち抜いた団体8校での全国選抜を目指す予選(Aトーナメント)と二位8校で行うコンソレーションと呼ばれるBトーナメント。

個人戦は各県2シングルス16名と各県2ダブルス16チームで全国大会出場への各4枠を争う戦いが繰り広げられました。

各県のトップレベル選手の戦いとあって、初戦から激戦が繰り広げられました。

先週の「全国障がい者バドミントン選手権大会」に引き続き二週連続で、シーハットおおむらでの大きな大会の開催となり、長崎県バドミントン協会、大村市バドミントン協会その他関係団体は大忙しでした。

IMG_5051.JPG

IMG_5054.JPG

2017.12.25 (月曜日)

県庁舎落成記念式典

12月24日、新長崎県庁舎の落成記念式典が挙行されました。

IMG_5058.JPG

IMG_5060.JPG

新庁舎は長崎駅の裏側、旧魚市場に県庁舎、議会棟、警察棟、駐車棟、防災公園からなり、466億円をかけて建設されました。

12月27日から本格的な引っ越しが行われ、新年1月4日の仕事始めから新庁舎で業務が行われます。

新議場の開場式は1月11日に行われます。

落成式には高田勇元知事、参議院議員の金子原二郎前知事をはじめ、県議会議員、市長、町長、経済界の方々など400名が出席しました。

またここで県政の新たな歴史が刻まれることになります。

建設費466億円のほとんどは、基金として準備されてきたもので、歴代知事や県議会の計画性に感謝するものです。

2017.12.22 (金曜日)

64年の歴史に幕

11月議会が閉会した12月20日、昭和28年からこの議場で開催されてきた県議会の歴史に幕が降ろされました。

DSC_2014.JPG

1月からは新議場で新たな歴史を刻むことになります。

午後3時からは、歴代県議、現職県議をはじめ、県民の皆様など約400人が議場に集まり、

「OMURA室内合奏団」による1時間の閉場記念コンサートが開催されました。

DSC_2036.JPG

DSC_2032.JPG

48年前、小学校4年生の時の長崎市内見学で初めて県議会議場を見学し、その荘厳さに感動したことを思い出します。

まさか自分がこの場所で議論を交わす議員になるとは想像もしていませんでした。

わずか2年8カ月ではありましたが、長崎県発展のため、大村市の課題解決のため5回の一般質問をさせていただくことができました。

新年からは、新しい議場で、気持ちもあらたに知事や理事者と議論を交わすことになります。

2017.12.22 (金曜日)

12月定例県議会閉会

12月20日、定例県議会は一般会計9億1,400万円の減額補正など可決し閉会しました。

一般会計は、漁業施設整備2カ所 2億5,000万円、松浦市沿岸の赤潮発生の原因調査の費用700万円などの追加補正と職員の減による給与費12億2,000万円の減で、合計9億1,400万円の減額補正となり、一般会計総額は7,285億600万円となりました。

補正予算のほか、新年度から始まる国民健康保険の県での一本化にかかる条例、指定管理者の指定などの議案もすべて可決しました。

その他、議会から国への意見書3件

1.特定複合観光施設区域整備について

2.海上保安体制の強化について

3.国民に必要な医療・介護を提供するための適切な財源確保等について

知事への意見書1件

1.離島航空路線の安定的な運航について

を可決しました。

2017.11.28 (火曜日)

自民党県議団で知事要望

昨日、11月27日から定例県議会が始まり、本会議後、自民党県議団27名で、中村知事へ平成30年度当初予算に関する要望を行いました。
◆人口減少対策に関する項目で
1.産業振興・雇用対策
2.交流人口拡大・定住促進
3.長崎県の将来を担う人づくり
4.安心・安全な暮らしの推進
について。
◆地域を支える重要プロジェクトで
1.新幹線の建設推進
2.世界遺産登録の推進及び受け入れ体制の整備
3.有人国境離島法に関する取り組み
4.石木ダムの建設
5.国営諫早湾干拓の対応
6.道路等の整備促進
について
◆財源確保について
◆その他、市町や各種団体からの要望
など、要望しました。
知事からは、30年度予算に反映できるよう調整を行うとの回答をいただきました。
ただ、年明けに知事選が行われるため、本日、正式な出馬表明をされた中村知事は、当初予算は骨格予算となり、具体的予算の上程は次の議会になりそうです。

tiji1.JPG

tiji2.JPG

2017.11.28 (火曜日)

県民体育大会出場

選手で二試合出場し、二試合とも勝ちました。
11月25・26日の二日間、シーハットおおむらで「県民体育祭バドミントン競技」が開催されました。
郡市対抗の団体戦で、成年の部で、50代ダブルスの選手としてメンバーになり、予選リーグ2試合に出場。

2勝をあげました。

26日の決勝トーナメントも50代ダブルスで出場予定でしたが、30代、40代が勝ち、私の出番はありませんでした。

準決勝は、西彼杵郡チームとの対戦で、私はメンバーになりませんでしたが、残念ながら惜敗し、大村チームは3位という成績で終えました。

スポーツはいいですね。

kenntai29hen.JPG

2017.11.22 (水曜日)

国民保護法に基づく防災訓練

22日、国民保護法に基づく防災訓練が実施されました。

午前10時半から、県庁別館にて、国民保護共同訓練開始。
X国から発射されたミサイルが、本県に落着したとの想定。
午後は、多比良港埋立地で実動訓練が行われましたが、現地には行くことができませんでした。

県防災担当を始め、各課の担当者、警察、消防、海上保安庁、自衛隊が防災本部に集結し、訓練は手順通りに進みました。

万が一にも現実にならないことを望みますが、実際に起こると騒然となると思います。

だからこそ、訓練が必要なんです。

IMG_4861.JPG

IMG_4860.JPG