大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

月別 アーカイブ

2017.12.25 (月曜日)

全九州高等学校選抜バドミントン大会開催

12月22日から25日までの四日間、シーハットおおむらで「全九州高等学校バドミントン競技大会」兼「全国高等学校選抜バドミントン競技大会九州地区予選会」が開催されました。

九州・沖縄8県の予選を一位で勝ち抜いた団体8校での全国選抜を目指す予選(Aトーナメント)と二位8校で行うコンソレーションと呼ばれるBトーナメント。

個人戦は各県2シングルス16名と各県2ダブルス16チームで全国大会出場への各4枠を争う戦いが繰り広げられました。

各県のトップレベル選手の戦いとあって、初戦から激戦が繰り広げられました。

先週の「全国障がい者バドミントン選手権大会」に引き続き二週連続で、シーハットおおむらでの大きな大会の開催となり、長崎県バドミントン協会、大村市バドミントン協会その他関係団体は大忙しでした。

IMG_5051.JPG

IMG_5054.JPG

2017.12.25 (月曜日)

県庁舎落成記念式典

12月24日、新長崎県庁舎の落成記念式典が挙行されました。

IMG_5058.JPG

IMG_5060.JPG

新庁舎は長崎駅の裏側、旧魚市場に県庁舎、議会棟、警察棟、駐車棟、防災公園からなり、466億円をかけて建設されました。

12月27日から本格的な引っ越しが行われ、新年1月4日の仕事始めから新庁舎で業務が行われます。

新議場の開場式は1月11日に行われます。

落成式には高田勇元知事、参議院議員の金子原二郎前知事をはじめ、県議会議員、市長、町長、経済界の方々など400名が出席しました。

またここで県政の新たな歴史が刻まれることになります。

建設費466億円のほとんどは、基金として準備されてきたもので、歴代知事や県議会の計画性に感謝するものです。

2017.12.22 (金曜日)

64年の歴史に幕

11月議会が閉会した12月20日、昭和28年からこの議場で開催されてきた県議会の歴史に幕が降ろされました。

DSC_2014.JPG

1月からは新議場で新たな歴史を刻むことになります。

午後3時からは、歴代県議、現職県議をはじめ、県民の皆様など約400人が議場に集まり、

「OMURA室内合奏団」による1時間の閉場記念コンサートが開催されました。

DSC_2036.JPG

DSC_2032.JPG

48年前、小学校4年生の時の長崎市内見学で初めて県議会議場を見学し、その荘厳さに感動したことを思い出します。

まさか自分がこの場所で議論を交わす議員になるとは想像もしていませんでした。

わずか2年8カ月ではありましたが、長崎県発展のため、大村市の課題解決のため5回の一般質問をさせていただくことができました。

新年からは、新しい議場で、気持ちもあらたに知事や理事者と議論を交わすことになります。