ふるさとをこよなく愛する

2015.10.11 (日曜日)

県内視察

県議会議員としての活動も早や半年が経過しました。

今回は「農水経済委員会」「経済雇用対策特別委員会」での県内視察の中から、注目の施設の報告です。

1.平戸瀬戸市場

DSCF3515.JPG

DSCF3510.JPG

 新平戸市田平港シーサイドエリア活性化施設、愛称:平戸瀬戸市場は、建設費約5億円をかけて平成24年にオープンした地元農水産物の直売所で、設置者は平戸市で、平戸市場協同組合が指定管理者として運営を行っている。
 1階は直売所で朝8時~午後6時まで営業。
 2階はレストランで11時~午後7時まで営業。
驚くのは、売上げで、オープン以降順調に売り上げを伸ばし、昨年度はレジ通過客数375,000人、6億6,000万円を売り上げ、今年度は8億円~9億円になると予想されている。
平戸口の観光拠点としての位置づけと、ふるさと納税の出荷店としても業績を伸ばしている。
隣の魚市場から常に新鮮な魚介類が運びこまれ、しかも驚くほどの安さで提供されていることもあり、観光客は勿論のこと、周辺自治体の料理店なども仕入れに訪れている。
 成功事例として、他の類似施設の参考になるものと思われる。

2.松浦共同陸上魚類(ふぐ養殖)

IMG_5677.JPG

 新松浦漁業協同組合所属の若手漁業者10名で平成18年度に設立した、「とらふぐ」の陸上養殖と「くろまぐろ」の海面養殖で、今回は「とらふぐ」の陸上養殖について伺ってきました。
 10,718㎡の敷地に木造平屋建ての施設3棟、計6,780㎡の養殖棟で年間70,000尾85トンを出荷し、昨年度は1億9,000万円を売り上げている。
 高い養殖技術と、多彩な加工技術によって、大坂など大都市圏への営業も順調で、経営状況は非常によく、着実に売り上げを伸ばしている。

3.松浦魚市場(松浦市)

DSCF3452.JPG

 魚市場の老朽化に伴い、高度衛生管理型の市場再整備が計画され、現在のおおよその積算では総工費160億円になる見込み。
 近年の水揚げ量は年間9万トン前後で推移しており、再整備計画では年間105,000トン、一日平均1,700トンを扱うことができる設備を整える計画で、松浦市が設置者で、平成27・28年度で設計を行い、平成29年度から10年計画で進めていくとのこと。

4.ほうれん草で全国トップクラスの生産農家
  (有)田中農園 (有)雲仙「森の野菜村」

生姜や大根の生産をやめ、ほうれん草を主に、水菜、こまつ菜の生産に切り替え、平成10年(有)田中農園を設立。

さらに平成18年に(有)雲仙「森の野菜村」を設立。

自社ブランドとして「素肌美人」など3品目を商標登録。
3割を農協へ出荷し、7割は独自の販売戦略で地元のレストランやホテル、大都市圏のスーパーチェーン店、現在では海外へも出荷している。
ハウス栽培4.7ha 露地栽培2haで年間を通じて生産出荷しており、年間200万袋、売上2億円で成長を続けている。
独自の栽培技術「匠の野菜」でほうれん草はえぐみが少なく、生のままでサラダで食べることができる。
これからは輸出の時代。さらなるブランド化を目指すと田中社長。

5.がまだす椎茸生産組合(島原市)

がまだす椎茸.jpg

 雲仙普賢岳噴火災害の再建事業として始められた菌床しいたけ栽培。
18年目を迎え、従業員は正社員48名、パート17名の65人を雇用。
 生椎茸を年間500トンを生産し、4割を生産組合のブランドで出荷、6割を独自ブランドで大手スーパーなどへ直販している。年間売り上げは4億円で、独自ブランドの販売で順調に売り上げを伸ばしている。

6.県央木材協同組合製材工場(高木町)

P1130113.JPG

 県産材流通の中核拠点として県央木材協同組合が林野庁と県の補助を受け、29,000㎡の敷地に製材工場2棟、加工工場1棟、製品保管倉庫2棟のほか、木材の選別や皮剥き、乾燥機械など、総工費5億7,500万円をかけて平成24年度に完成。
一貫生産体制で、県外への運搬コスト削減をはかり、県内での経済波及効果も見込めるという。
昨年度に本県の山から取り出された丸太の6割は佐賀県など県外の製材所で加工されており、自前で対応できる施設としての期待は大きい。

7.長崎県窯業技術センター

P1130352.JPG

波佐見町の長崎県窯業技術センターを訪問し、波佐見焼振興会、窯元、卸売協同組合の方々から波佐見焼の現状について伺いました。

 全国3位を誇る波佐見焼は平成3年に175億円を売り上げをピークに、近年の輸入商品などの増大により、 平成19年度には50億円を割り、平成23年度には41億円と、ピーク時の約4分の1に減り、大変厳しい状況が続いていますが、大都市圏での販売会や思考をこらした商品化など、組合の皆さんのご努力もあり、この3年間は売り上げは上昇傾向にあります。
 それでも、まだまだ厳しい状況に変わりなく、販路拡大や商品の工夫など、県の支援をさらに充実させる必要があるようです。

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)