ふるさとをこよなく愛する

2015.03.02 (月曜日)

後援会事務所開き

3月に入り、挑戦の時まで一か月と迫った3月1日、大村市原口町で後援会事務所開きを行いました。

午前11時の開催時刻には小雨と厳しい冷え込みの中でしたが、多くの支援者の皆さまにご参加いただきました。

「攻め」と「守り」と「優しさ」の3本の柱をもって政治は成り立ちます。

「攻め」とは、企業誘致や道路整備をはじめとする生活基盤の整備。

「守り」とは大村湾の環境、歴史、そして大村市の基幹産業である農業を守ること。

「優しさ」とは、医療・福祉・看護・介護と子育て・教育など、自分自身の力では及ばない方々へ政治の力で手を差し伸べることです。

これらの施作のバランスを取りながら、成長していくことが必要です。

国が掲げる「地方創生」は、まさに自治体間の競争の時代で、知恵を出せるかどうかにかかっています。

私は市議会議員5期20年の間に培った経験と実績、多くの人脈を活かして長崎県の発展は勿論のこと、大村市の発展のために頑張ります。

IMG_5043.JPG

IMG_5015.JPG

IMG_5053.JPG

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)