ふるさとをこよなく愛する

2014.02.26 (水曜日)

大村市民病院の建て替え整備計画が発表されました

昨日の市議会全員協議会平成20年度から地域医療振興協会が指定管理者として運営を行っている「大村市民病院」の建て替えに向けて、基本計画が公表されました。

sibyou2.png

 

 

新たな建設場所は、現在の市民病院の南側駐車場に地上6階建て、延べ床面積15,780㎡。

病床数:214床(個室30床)となります。

  一般病床 164床、回復期病床 36床、HCU 8床、感染症病棟 4床、検診ドック 2床

スケジュールは、今年度実施設計・建築確認申請を行い、平成27年度~28年度で建設、

平成29年4月、オープンの予定です。

建設費用は71億6,000万円。

100%起債で、30年かけて返済(起債の22.5%が交付税措置されます。

返済費用は、市と指定管理者(地域医療振興協会)とで、半額ずつの負担で合意されたとのこと。

市民病院は大村市の二次医療を担い、公立病院として政策医療(5疾病、5事業)の提供と、予防医療の充実を目指します。

現在の心臓血管病センターの機能も新施設の中に配置し、現在のセンター建物は会議室や倉庫など有効利用を図ります。

昨日の全員協議会で地域医療振興協会との指定管理契約について、平成28年度に新たに30年の契約を結ぶとの市の説明を受け、私は「地域医療振興協会との協議によって、この計画は進められてきたもので、建築に取りかかる前に、指定管理契約を結びなおすべきだ。」と提案しました。

 

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)