大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のブログ記事

最近のコメント

2013.12.30 (月曜日)

歳末特別警戒実施中

 2013年も今日、明日の二日となりました。

消防団では毎年12月28日から31日までの四日間、「歳末特別警戒」で午後8時から12時まで「火の用心」の広報と詰め所待機を行っています。

皆さん、火の元と戸締まりをしっかりと確認して、いい年を迎えられるようお願いします。

syutudou.JPG

今、一回目の広報を送り出しました。

2013.12.24 (火曜日)

やっぱりスズキ。代車はこれ!

 車検の代車はこれです。

次女からクスって笑われてしまいました。

軽でもけっこう走るんですよ。

daisya.JPGのサムネール画像

2013.12.24 (火曜日)

車検

12月議会も終わり、「さとわき清隆の市議会報告」の作成中ですが、年末の慌ただしさの中で、なかなか進みません。

さて、今日は愛車を車検に出します。

1年落ちの中古車を買って2年。走行距離は約6万㎞。1年に2万㎞ほど走ってることになります。

今回が1回目の車検となります。

我が家の車の点検や車検はこれまで、友人のO山自動車商会にお願いしてたんですが、今年、長女がスズキ自動車長崎アリーナに就職したので、今回は娘の会社に出すことになりました。

kuruma.JPG 

 

2013.12.18 (水曜日)

全員協議会

 今日は朝から市議会全員協議会が開催され、大村市防災無線(ラジオ)の計画説明をはじめ6項目にわたる、市の計画等の説明と質疑が行われました。

1.防災無線(ラジオ)は、先のブログに書いたとおりです。

2.市民交流プラザの駐車場問題は議会ごとにどうなっているのか、質問が行われていますが、その都度50台程度は確保するとの答弁ですが、今日も民有地を交渉しているとの答弁でした。

駐車台数は20~30台ほどだそうで、オープンまでには何とかしたいということで、結論は出ていません。

 

3.新幹線新大村駅周辺地域まちづくり基本計画の中間報告では、立派なパースもでき、基本計画策定委員会のご苦労が伝わってきます。

大村市では、道路整備や区画整理などの基盤整備を担います。

ただ、大村市の財政計画では、整備計画に20億円を見込んでいますが、おおよその見込みの見込みとしてですが、80億円はかかりそうとのことで、その内45%(35億円)が市の負担となるようです。

また、県にろう学校の移転を要望するようにしていますが、移転費用や用地取得の費用がどうなるのかは、これからの県との協議になるそうです。

 

4.森園公園の再整備計画は、基本計画が示されましたが、これから市民の皆さんの意見を伺い、財政状況を見ながら、5年後の完成を目指すとのことでした。

 

その他、5.小学校給食センターの稼働状況と異物混入の経過報告。6.長崎県立・大村市立一体型図書館の整備基本方針の説明が行われました。

zennkyou.JPG

明日は、12月議会最終本会議です。

各常任委員会に振り分けられた議案の審査報告と全体での採決が行われます。

 

2013.12.15 (日曜日)

市議会も大詰めなのですが

12月定例市議会は明日16日の委員会採決と19日の本会議を残すのみとなりました。

私が所属する都市環境委員会では、議案のほか、市民から出された陳情と、「市民と議会のつどい」で出された要望の処理についての協議と対応も行い、議会として市に要望書を出す準備を行っています。

他の経済厚生委員会と総務文教委員会では、議案のほか、3月の新年度予算で計上される事業計画について、市の説明を受けていました。

1.緊急防災無線事業計画

 東日本大震災を教訓に、情報伝達の手段として一番有効であるということから、東日本や関東、四国などを中心に、緊急防災無線・防災ラジオの導入が行われています。

同システムは色々な会社が取り組み、自治体によって既存のコミュニティFMを活用したり、新たな発信システムを導入したりと、どのシステムでやるかはまちまちです。

 大村市の計画では、既存の「FMおおむら」を活用した計画を進めていましたが、山間部など電波が届かない地域があるということから、昔のポケベルの周波数280メガヘルツを使った防災無線(ラジオ)でのシステム導入に計画変更しているようです。

 

 さて、 この緊急防災ラジオとはどういうものなのか。

津波や台風など災害が発生したときに、また注意を呼びかける時に、市がラジオと大型スピーカーを通じて発信します。

ラジオは1台9,500円で、緊急発信すると、スイッチが自動的に入り、最大音量で音声が流れる仕組み。

ラジオはシステム会社との契約で、月50円、年間600円の契約料が必要です。

市は、このラジオを市内4万世帯に無料配布し、毎年の契約料も市が負担する計画。

ラジオ代9,500円×40,000台 = 3億8,000万円

毎年の契約料600円×40,000台 = 2,400万円(毎年予算化が必要)

室外に1キロメートル届く大型スピーカーを約60機設置に7億5,000万円。

発信基地の設置やシステム導入など、総費用は16億5,000万円になるとのこと。

ラジオでは、普段、普通のFMやAMなど10チャンネルを聴くことができますが、逆に、車に取り付けてあるラジオでは、緊急放送を聞くことができません。

「FMおおむら」と大村市の防災協定に基づき、「FMおおむら」でも緊急放送を発信しますが、一般のラジオは自動でスイッチが入りませんので、FMおおむらを聞いてなければ緊急放送を聞くことができません。

 

ちなみに、この280メガヘルツのシステムの導入を始めた人口24万人95,000世帯の神奈川県茅ヶ崎市はでは、希望者が購入するシステムで、ラジオは2,000円の自己負担で、契約料年間600円も会社との契約で自己負担。

11月から希望を募り、1,000台ずつの申し込み台数だそうです。

命を守る施策として、重要なことですが、そもそも論まで戻って、疑問が山ほど浮かんできます。

3月議会には予算上程がなされる予定ですので、市民の皆さんの意見を伺ったり、他市の状況などしっかりと調査研究したいと思います。

 

2013.12.15 (日曜日)

日韓高校生バドミントン交流協議会

日本の高校生の代表選手と韓国の高校生の代表選手で戦う、「日韓高校生バドミントン交流競技会」が、一昨日の金曜日から今日までの三日間、長崎東公園コミュニティ体育館で開催されています。

チーム編成は9名で、4ダブルス5シングルスの男女別の団体戦方式で、三日間、対戦相手を代えて試合を行いますが、さすがに、両国のトップレベルの選手とあって、すばらしいプレーの連続で、見応えのあるものです。

今日も午後2時からの試合開始で、今日は、地元長崎県の西陵高校と諫早商業のトップ選手が団体メンバーに代わって出場させてもらえるとのことで、地元の選手がどこまで戦えるか楽しみです。

nikkann.JPG

会場内は撮影禁止で、看板だけUPしました。

 

2013.12.13 (金曜日)

イノシシ被害はここにも

11月に行った、新月会( 工業団地の誘致企業でつくられた会)と市議会地場企業振興調査特別委員会との意見交換会で出された「要望書」の回答を持ってアルカディアおおむらを訪ねた際に、入り口の公園がボコボコになっているのを発見。

聞いてみると、イノシシの仕業だそうで、他の企業の芝生も同様だそうです。

また、夜、車で帰宅中にイノシシをはねた事故が2件あったそうです。

inosisi.JPG

2013.12.12 (木曜日)

常任委員会

 大村市議会は今日から常任委員会です。

委員会に付託された議案の審査を行います。

その他、11月に開催した「市民と議会のつどい」で出された要望などについて、担当委員会としてどう取り組むかを協議します。

 

2013.12.11 (水曜日)

妄想を現実に

9日に登壇した市政一般質問での水道行政の問題で、かなりガードは堅い予想し、切り返しのために、準備に準備を重ね臨みましたが、水道局からの答弁は満額回答をいただきました。

suidou.JPG

 

2013.12.08 (日曜日)

妄想か

 明日の一般質問のリハーサル。

riha.JPG

いい答弁が返ってこない!やれやれ、いつもの通りか。

そういう答弁なら、こう行くぞ!

時間が足りない。

妄想の中で、議論白熱!

とうとう持ち時間の1時間をオーバーしてしまった。

さて、一般質問本番の明日は午前中、市民マラソンで10㎞を完走した北村貴寿議員、ダイエットに成功した村崎浩史議員が登壇。

私は午後の2番目で、前の議員が1時間びっちりやると、始まりは2時10分出場します。