大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

2013.08.30 (金曜日)

議会モードに入ります

 昨日、9月定例市議会の議案が配布されました。

約5億5000万円の一般会計補正予算をはじめ、企業会計等の補正予算、条例案と平成24年度の決算議案が上程されており、ずっしりとぶ厚い資料に目を通していきます。

giann.JPG

2013.08.26 (月曜日)

間もなく9月議会が始まります

 萱瀬ダムの貯水率が100%になる見通しがたったということで、23日に設置した「大村市渇水対策本部」は解散したようです。

 

さて、間もなく9月議会が始まります。

8月29日(木)、市長から議会開催の告示があり、議案が配布されます。

9月2日(月)、議会運営委員会が開催され、日程の承認、議案の内容確認、一般質問の順位抽選が行われます。

9月5日(木)、議会開会です。

今議会は、平成24年度の一般会計ほか企業会計、特別会計の決算議案も上程されますので、通常より長い日程になります。

一般質問通告は9月2日の午前10時までに提出しなければなりません。

私の今回の質問通告は既に準備完了。

今から、具体的な論旨をまとめていきます。

 

2013.08.26 (月曜日)

恵みの雨となりましたね

 一昨日からの雨で、萱瀬ダムの水は大分貯まったようで、大村市水道局発表の今朝の貯水率は96.3%まで回復してるそうです。

50%割ってたので、心配してましたが、とりあえずは一安心ですね。

 

2013.08.24 (土曜日)

萱瀬ダム見てきました

 貯水率が50パーセントを割り、給水制限が実施されている萱瀬ダム。

今朝からの雨で郡川から萱瀬ダムへの流れ込みがどの程度なのかも気になり、お昼に見に行ってみました。

IMG_3897.JPG

つい一月ほど前に見に行った時は、満水状態だったのに、こんなにも減っているのかと実感しました。

IMG_3896.JPG

干上がった郡川も水が流れ、川の上流からダムへの水の流れ込みが確認できましたが、まだまだ雨が降らないと大変な状況は続きそうです。

IMG_3900.JPG

IMG_3904.JPG

2013.08.23 (金曜日)

行政評価外部評価委員会を傍聴して

 大村市が実施した「平成25年度大村市行政評価外部評価」が三夜に渡って公開で開催されました。

学識経験者と公募による委員10名があらかじめ選定した9事業12項目について、1項目50分間の中で、担当部局の説明を受け、質疑を行い、「現状維持、見直し」などの評価をするものです。

結果は後日まとめられ、市長へ報告書が提出されます。

実施要項による外部評価委員会の目的は

 内部による行政評価(以下「内部評価」という。)を補完し、評価制度の向上及び信頼性の確保を図ることを目的として、外部の視点による評価(以下「外部評価」という。)を導入し、客観性の高い行政評価を構築します。
外部評価を導入することにより、市民の方などの視点による客観的な評価を取り入れることで、あらたな事務の改善や改革に向け行政評価の機能を充実し、また、職員の意識改革を図り更なる事業の改善・改革に取り組みます。とあります。
 
行政の流れは
市(市長)が政策を計画立案→議会上程→議会審査→議会承認→事業着手
という流れの中で、議会でも質疑、議論、承認・修正など行いますが、市民の皆さんにも意見を聞こうというのが、外部評価委員会の目的で、あくまで参考にすぎないと考えていいと思います。
 
今回、委員会の傍聴をさせていただく中で、もちろん、議会でも出なかった鋭い指摘が行われた項目もありましたが、当初は本来の目的は何なのだろうかと感じさせられていました。
そう感じる中で、二日目、三日目と傍聴させていただき、これは、行政の担当者の説明責任をどう果たせるのか。
確かにいい事業であっても、いかに担当者が事業内容を熟知し、費用対効果、あるいは予算のもっと有効な使い方、高い住民サービスへの取り組み方を考えているのかという姿勢を市民に見ていただく機会ではないかと感じました。
ただ、一般の市民の皆さんの傍聴がほとんどなかったのは残念でした。
 
委員の皆さんにとって、事業そのものを理解することから始まり、限られた時間の中で評価を下すことは、とても大変だったと感じます。
 
9月議会が間もなく始まります。
平成24年度の決算も上程されますので、可決承認した予算が有効に使われたのか、しっかりと審査を行ってまいりたいと思います。
 
外部評価委員の皆さまお疲れ様でした。
 
 

2013.08.21 (水曜日)

10倍返しがおもしろい

「10倍返しだ!」のセリフが流行語になっている池井戸潤原作「オレたちバブル入行組」をドラマ化した「半沢直樹」がおもしろい。

主役で半沢直樹役の堺雅人は勿論のこと、回りの出演者も実にうまく盛り上げている。

池井戸潤の本との出会いは、直木賞を受賞した「下町ロケット」で、それ以来、書店で買ってきては空いた時間に頭のリフレッシュになればと読んで、本棚に並んだ数がちょうど20冊。

まだまだ、これから面白くなってくる。

日曜日が楽しみだが、ビデオで見ることになりそう。

 

2013.08.19 (月曜日)

外部評価委員会が公開で開催されます

平成25年度大村市外部評価委員会が公開で開催されます。

時間のある方は、ぜひ傍聴して下さい。

8月19日(月)午後6時~9時  郡地区コミセン

   21日(水)   〃       大村市コミセン

   22日(木)   〃           〃

 

 

 

2013.08.19 (月曜日)

吉報が届いた

 昨夜、東京国体、九州ブロック予選大会で、成年男子・成年女子が共に第2位で国体の出場権を獲得したとの報告が入りました。

青年(高校生)女子は準決勝で敗れ、敗者復活戦に進むことができず、残念ながら国体への出場権を得ることができませんでした。

成年男子は8県中2県しか枠がなく、厳しい戦いになると予想されてましたが、みごとに出場権を獲得してくれました。

これで、バドミントン4種目中、3種目(成年男子・女子、青年男子)が国体への出場が決まり、楽しみです。

 

2013.08.17 (土曜日)

東京国体九州ブロック予選

 秋の東京国体に向けて、バドミントン競技は福岡県久留米市で今日と明日の二日間、九州ブロック(8県)での予選大会が開催されています。

私は仕事の都合で今日は応援に行けませんが、試合の結果が気になります。

今回の東京国体には、少年男子(高校生)がフリーでブロック予選なしの出場が決まっていますが、他の種目は、少年女子が8分の2(8県中2県)、成年男子も8分の2、成年女子が8分の5(8県中5県)の出場枠です。

来年の長崎がんばらんば国体に向けて、選手も必死になって強化練習を行ってきており、いい結果を期待してます。

 

2013.08.10 (土曜日)

長崎原爆の日、子ども達と黙祷

昨日9日は長崎原爆の日でしたが、私は北九州のインターハイ会場にいました。

 10時45分から諫早商業高校の選手が試合開始で、同校の部員達と一緒に応援中、原爆投下時間の11時2分を迎えました。

その時間、ちょうど試合が60秒のインターバル(汗ふきや、コーチのアドバイスの時間)に入ったので、応援の部員達に原爆投下の時間だから、みんな一緒に黙祷しようと呼びかけ、一緒に黙祷を捧げることができました。

なぜだか、それまでリードされてた試合は逆転して勝利。

長崎パワーかな?

いやいや、選手の実力です。