大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

2013.03.29 (金曜日)

市役所も人事移動

今日は大村市役所も正式な辞令交付が行われ、午後市役所に行くと、退職や移動の職員が挨拶回りで忙しそうでした。

退職された職員の皆さまお疲れ様でした。

移動で新しい職場に着かれる職員の皆さんは、一日も早く仕事内容を把握され、大村市の発展に向けて頑張っていただきたいと思います。

公務員は上司の指示に忠実に従うことを法に定められていますが、いい提案はおおいにやっていただきたいものです。

 

2013.03.25 (月曜日)

写真がもう少し欲しい

3月定例市議会が終わった昨日は、3件の陳情があり、現地を確認し陳情用に写真を撮ってきました。

昨日は日曜日だったこともあり、今朝、早速市役所へ対応をお願いに行ってきました。

市の担当者からはすぐに現場を確認し対処しますとの返事。

よろしくお願いします。

 

さて、毎議会ごとに発行している「さとわき清隆の市議会報告46号」の作成に取りかからなければならないのですが、文字ばかりにならないようにするには、もう少し写真が欲しい。

とにかく頑張ります。

 

2013.03.23 (土曜日)

3月定例市議会閉会

2月22日に開会した3月定例市議会は一ヶ月間の日程を終え、昨日閉会しました。

平成25年度の一般会計当初予算370億円をはじめ、企業会計、特別会計の予算と条例案など30の議案と議会提出の国への意見書、議会の委員会条例の改正案を全て可決しました。

 

委員会での審査報告を行う際に、以前は審査の内容にはふれず、委員会採決の結果だけが報告されていましたが、議会改革の一環で委員会の審査内容についての報告を行うようになり、審査の過程が分かりやすくなったと感じます。

 

4つの常任委員会を3つに改編します。

現在の常任委員会は、6人で審査を行ってきましたが、他市の状況や専門家の意見と大村市議会の現状を照らし合わせたときに、やはり8人で構成する方がいいとの考えから、5月の委員会改編の時期に合わせ、今議会で条例を改正しました。

◇総務文教委員会

   ①市長公室の所管に属する事項

   ②総務部の所管に属する事項

   ③財政部の所管に属する事項

   ④教育委員会の所管に属する事項

   ⑤他の常任委員会の所管に属しない事項

◇経済厚生委員会

   ①福祉保健部の所管に属する事項

   ②こども未来部の所管に属する事項

   ③農林水産部の所管に属する事項

   ④商工観光部の所管に属する事項

   ⑤農業委員会の所管に属する事項

◇都市環境委員会

   ①市民環境部の所管に属する事項

   ②都市整備部の所管に属する事項

   ③水道局の所管に属する事項

   ④競艇企業局の所管に属する事項

 

 

2013.03.21 (木曜日)

市議会全員協議会

本日午後に開催された全員協議会で、市民病院建て替え計画についての説明がありました。

これから、指定管理者である地域医療振興協会と協議を進めながら基本計画の作成に入り、施設の具体的な内容と、費用についてがはっきりと見えてくるものと思いますが、現段階での概算では、先日のブログにも書き込んでいるとおり、建設費60億7,000万円、医療機器等に18億円が見込まれています。

財源はすべて起債で、5年据え置きの25年償還、国からの交付税措置は22.5%で、市は計画の内容を逐次報告するとのことです。

 

第4次大村市総合計画基本計画の見直しについての説明も行われました。

この基本計画については、議会の議決事項ではありませんが、市民の意見を聞くために近く「パブリックコメント」を行うそうで、関心のある方は、市のホームページから検索してください。

 

明日はいよいよ3月議会最終日で、本会議での各委員会の審査結果の報告と採決が行われます。

 

 

2013.03.20 (水曜日)

大村市議会防衛議員連盟研修会

 昨夜は、大村市議会防衛議員連盟の研修会が開催され、陸上自衛隊大村駐屯地の濱本司令による災害派遣と国民保護法の派遣についての講話をいただきました。

saigaihakenn.jpg

長崎県でも一昨年、長崎空港への被弾を想定した国民保護法に基づく救助・避難訓練が実施されました。

防災訓練は大村市で一年おきに、長崎県では5年に一度開催していますが、国民保護法については、まだまだ、聞き慣れないものです。

昨夜は自治体の役割、各種団体の役割、自衛隊の役割などについてお話いただき、いい勉強会になりました。

2013.03.19 (火曜日)

大村市総合計画変更と市民病院建て替え計画

「大村市総合計画」の基本計画の見直し案が示されました。 

平成18年度~27年度までの10年間の施策の指針となる総合計画は基本構想、基本計画、実施計画の3層で構成されていますが、具体的な計画が示されているのが、基本計画です。

今回の見直しは、新幹線開業や木場スマートインターチェンジ、新たな工業団地の整備その他ハード面における新たな事業の追加と、自殺対策、市立病院の運営体制変更などのソフト面での取り組みの強化のための見直しなどです。

今から、詳しい内容を見ていきます。

sougoukeikaku.jpg

市民病院の建て替えの基本計画(案)の資料が配付されました。

計画案によると、現在の建物の玄関前駐車場に6階建て、延べ床面積16,000~17,000㎡で、事業費は建設工事に約60億7,000万円、医療機器に約18億円の計78億7,000万円が見込まれています。

25年度から基本設計に入り、28年度末完成、29年度に現一般病棟部分の解体等を行う予定。

既存の心臓血管病棟については、機能は新施設に移管し、建物は解体せずに、他の用途として活用するとの内容です。

この基本計画の詳しい内容については、21日の全員協議会で説明が行われます。 

siminnbyouinn.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

2013.03.15 (金曜日)

今日は議会運営委員会です

昨夜、ブログを開いたら、英語で不気味なコメントが数百個書き込まれていて、びっくりしました。

管理していただいてる九州教具の担当者に連絡したら、すぐに処理していただき、ほっとしました。

さすが九州教具さん。ありがとうございました。

 

さて、予算特別委員会も昨日で4日間の審査を終わり、3月定例会は委員会採決と本会議での採決を残すのみとなりました。

今日は、午後から議会運営委員会が開催されます。

議題は、現在4常任委員会を3常任委員会に改正するかどうかを話し合うものです。

私が提案したものですが、現在、常任委員会は5~6人で審査を行っていますが、8人程度がベストだという賛同意見が多くあげられ、議会内の調整に向けてできる限り、多くの賛同を得られないか、協議をおこないます。

 

 

2013.03.13 (水曜日)

特別委員会4日目終了

今日の議会も「一般会計予算特別委員会」が行われました。

今日で4日目が終了し、都市整備部と市民環境部を残すだけとなりましたが、明日も一日びっしりかかりそうです。

しっかりと審査したいと思います。

 

2013.03.11 (月曜日)

今日の市議会

大村市議会3月定例議会は今日から一般会計予算審査特別委員会が開催されます。

一般会計はこれまで、各常任委員会に分割付託で審査を行っていましたが、一昨年より特別委員会で審査を行うこととしました。

特別委員会は議長を除く議員全員で構成し、本会議場で各課ごとに審査を行っていきます。

もちろん、どなたでも傍聴できます。

各課の説明に対する議員の質疑の回数に制限をしていないので、特別委員会の日程は、今日から4日間を取っています。

じっくりと審査していきます。

 

2013.03.08 (金曜日)

県立図書館の大村へ建築を正式発表

昨日は、県教育委員会が県議会において、新県立図書館の整備基本方針を発表するというので、県議会文教厚生委員会の傍聴へ行ってきました。

新県立図書館は大村警察署跡地(現、市民会館駐車場)に図書館としての主な機能を持ってきて、大村市立図書館との合築で整備を行うというものです。
長崎市には現在の県立図書館跡地に「郷土資料センター」として

●長崎学資料を含む郷土資料の収集・保存

●歴史的価値が高い県の公文書等の収集・保存・閲覧ができる機能を残します。

新県立図書館の基本理念は「長崎県の知の拠点として県民を支える図書館」

目指す図書館像
方向性1:未来を創造する礎を築く図書館
方向性2:郷土の歴史・文化を継承し、活用・振興する図書館
方向性3:全ての県民がサービスを利用できる図書館

新県立図書館建設に向けての課題
1.県の資料保存センターとしての機能を果たすことができる収蔵能力の確保
2.駐車場は、大村市立図書館と合わせて200台以上確保
3.大村市立図書館と一体的に運営できる組織づくり
4.大村市立図書館との役割分担

県教育委員会は大村市立図書館との合築を前提として、大村市と協議に入る予定ですが、場合によっては、大村市民会館の撤去も念頭に入れた協議になるとのことです。
今後のスケジュールは
1.大村市と協議を行いながら基本計画作成   約1年
2.早い着工を目指すために、基本設計と実施設計を同時に進めていく 約1年6ヶ月
3.建設に 2年
最短で完成は5年後(2018年)という計画です。

図書館の建設場所については今朝の新聞でも大きく掲載されてましたが、松本市長はやはり市民会館の解体・再整備を頭に描いているようですね。