大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

2013.01.30 (水曜日)

議会運営委員会で先進地視察

28日、29日の両日、議会運営委員会で、兵庫県加西市議会、京都府亀岡市議会へ議会改革について視察に行ってきました。

加西市、亀岡市両市は、議会改革の全国810都市のランキングでベスト10に入る評価を受けている議会ということで、視察先に選びました。

 

内容としては、市長による反問権の行使があったり、議員間の議論が活発であると感じましたが、議会基本条例の制定をはじめ、市議会報告会の開催、議会のインターネットでの配信などは大村市議会とほぼ同じような内容でした。

ちなみに大村市議会のランキングは一時全国17位までランクされていましたが、現在は82位と低い評価です。

大村市議会はまだまだ改革の伸びしろというか可能性を持っています。

自己満足ではなく、第三者から見ても高い評価を受けられるよう、さらに取り組んでまいります。

 

2013.01.22 (火曜日)

市政研究会および全員協議会

昨日は市議会市政研究会と全員協議会が開催されました。

市政研究会と全員協議会との違いは、市政研究会は自主的な勉強会で、全員協議会はいわば公式な会議です。

 

市政研究会は、新幹線長崎ルートにおける、工事の進捗状況の説明等がありました。

特に、宮小路から沖田町に計画されている車両基地の概要で、調整池と用水路の確保など、議員からは心配される事項について質問がなされました。

また、三城町柴田町内会付近の設計変更に伴う道路付け替えについての問題は、町内会を分断する格好での道路建設計画はまだまだ、地元との調整が必要です。

 

その後、会議は全員協議会に切り替えられ、新聞報道でもありました、先の衆議院議員選挙に係る投票開始時刻遅延の経過の説明が行われました。

 

2013.01.16 (水曜日)

市議会報告45号

  先日もUPしました「市議会報告45号」ボリュームUPして掲載しました。

45no1.jpg

45gou2.jpg

2013.01.15 (火曜日)

第3回県央2市サミット

 午前10時30分から、大村、諫早両市の市と議会、商工会議所その他の関係団体による「第3回 県央2市サミット」が大村市の夢ファームシュシュで開催されました。

nisisamitto.jpg

サブタイトルは「新幹線開業に向けた観光開発」と言うことで、基調講演に長崎県グリーンツーリズム推進協議会幹事で、夢ファームシュシュ社長の山口成美氏より「グリーンツーリズムによる地域活性化」と題した講演をいただき、

その後、財団法人ながさき地域政策研究所 常務理事の菊森淳文氏がコーディネーターを務められ、両市の市長、議長、商工会議所会頭によるパネルディスカッションが行われました。

パネルディスカッションは1時間の短い時間でしたので、突っ込んだ議論まではいきませんでしたが、

1,農業を活かした観光産業、2,スポーツ・コンベンションを活かした取り組みについて、それぞれパネラーより意見が述べられました。

 

雰囲気としては、勉強会と親睦のような形で、せっかくサミットと掲げての開催なのですから、2市による共同の取り組みや共同宣言など、もう少し踏み込んでもよかったのにと感じました。

 

 

2013.01.05 (土曜日)

景気回復の兆しかも

昨日は、市役所の各課を回って新年の挨拶回りに行ってきました。

市役所職員のみなさん、大村市発展のために、大いに議論を交わして行きたいと思いますので、今年もよろしくお願いします。

 

昨年末は不景気感に加え、衆議院選挙もあり、忘年会の数が例年に比べ極端に少なかったのですが、新年を迎え、新年会の案内が次々と届いています。

これは、景気回復の兆しと言えるかもしれませんね。

景気回復に効く特効薬はなかなかありませんが、国民の期待感が少しずつ経済を活性化させることで、金が回り、街にも活気を呼び戻すことになると思います。

新内閣は公共工事の4兆円を含めて10兆円もの大型補正予算を組むようで、大村市においてもこういうチャンスを活かし、箱もの建設だけではなく、中小企業の支援策や農業・漁業などの基盤整備など、地場企業の育成のためにも活用できる予算の確保に努めていく必要があります。

そういう意味からも、昨年、一般質問で取り上げた課題のその後の進捗状況や成果の確認を行い、議員として、また、チーム大村市議会として、今年も大村市発展に結びつく取り組みを提案して行きたいと考えます。