ふるさとをこよなく愛する

2012.07.13 (金曜日)

大村湾をきれいにする湾沿岸議員連盟総会・研修会

  2ヶ月間、足首を固定していた装具がはずれ、まだまだぎこちない歩き方ですが、昨日から普通の靴で活動ができるようになりました。

さて、今日は午前中「大村湾をきれいにする湾沿岸議員連盟の総会と研修会」が開催されました。

enngann1.JPG

enngann2.JPG

コミセンで開催された総会には、大村湾沿岸の5市4町の議員100名ほどが参加し、23年度の事業報告、決算報告と24年度の事業計画、予算審査が行われました。

この会への加盟は任意ですが、議員の関心も高まってきて、現在150名ほどの議員が加盟してくださっています。

大村湾の水質改善に向けて国へ対し、具体的な要望活動も行うようになり、会の意義とともに、取り組みの課題を具現化するために、一丸となって活動が続けられています。

総会後は、長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科の梅沢準教授による「大村湾の物質環境」と「大村湾の海藻・海草」という題で講演をいただき、研修を行いました。

 

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)