ふるさとをこよなく愛する

2011.08.19 (金曜日)

ハウステンボス澤田社長講演

 

giinnkensyuukai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の県下市議会議員研修会でハウステンボス(株)澤田英雄社長の講演を聞くことができました。

話し方に歯切れがいいのもありますが、開業以来18年間赤字経営のハウステンボスをわずか半年で黒字に転換した社長の講演だけに、話題の一つ一つに説得力と重みがあり、1時間半の話が短く感じました。

 

多くの企業の再建を任され、実績をあげてきた澤田社長ですが、さすがにハウステンボスの再建依頼については、社内の反対も多く、本人もかなり固辞されたそうですが、一昨年の11月末、当時再建を健闘していた九電をはじめとする九州7社会が、再建を引き受けられないとの結論を出した時に佐世保市の朝長市長からの懇願を受けた時に転機はおとずれたそうです。

 

昨年の4月から経営を引き受け、わずか半年で黒字化。

経営戦略は旬のものを企画し、他でやってないもの。日本一、東洋一、世界一の企画を実行する。

東のディズニーランド、西のハウステンボスと言われながら、商圏としては20分の1。

このままでは勝負にならない。

社長は社員全員に対し、3つのお願いをされたそうで、

まず第1に、朝15分の清掃作業をしてほしい。まずは綺麗であることが大事だ。

第2に、明るく元気に楽しくやってほしい。

第3に、絶対に黒字にできると思う気持ちを持ってほしい。

赤字経営に慣れきって諦めムードの社員に、黒字にしてボーナスをもらえるように頑張ろうということだそうです。

 

この他にも具体的な戦略をお話いただきましたが、最後に言われた言葉「夢と目標を持つことが大切だ。」にすごい重みを感じました。

 

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)