ふるさとをこよなく愛する

2011.08.03 (水曜日)

分からないことが分からない

花火大会から始まった、大村の納涼行事。

今日は、夏越しまつり総おどりが行われます。

市議会チームも参加しますが、約2時間の長丁場にみんな最後まで踊れるか、楽しみです。

 

さて、7月21日に今期第1回目の市政研究会で研修会を行い、新人の皆さんにとって初めてということで、議会基本条例について勉強会を行ったということを先日書き込みました。

一昨日、市政研究会の運営部会を行い、第1回目の反省と次回のテーマについて話し合いを行いましたが、新人の方々より、議会基本条例の具体的取り組みや、制度がまだよく分からないという意見が出されました。

どういうところが分からないか、具体的に出してほしいという先輩議員の意見もありましたが、何が分からないのか「分からないことが、分からない」のです。

当然のことです。

議会基本条例の中で、検証委員会から上げられた多くの課題を全て理解するには、じっくりと勉強することも当然ながら、永年の経験が必要です。

 

ということで、新人を中心に希望者の勉強会を行うことになりました。

私が議長時代にこの議会基本条例を制定しましたが、作成は特別委員会の中のワーキングチームで、メンバーは神近議員、村崎議員、園田議員の三名で、いずれも当時、一期目の議員だったことに、今更ながら感心させられます。

 

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)