大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

2011.06.24 (金曜日)

地場企業振興対策特別委員会設置へ

定例市議会は委員会採決が行われ、28日の最終本会議を残すのみとなりました。

国民健康保険税の最高限度額の値上げについては、本年3月議会の一般質問で当時の久野議員の質問に市長が国保税は値上げはしないと言明したことと、今回の値上げとの矛盾点について異論が出ましたが、委員会審査の際の理事者からの答弁で、「今回の限度額の値上げは国の制度であり、税率の改正ではない。」との答弁を受け、市長の値上げはしないという発言が生きているということを確認し、賛成可決しました。

 

会派調整の中で、他の委員会で審査を行われた議案についても、いくつかの矛盾点を指摘し、採決前に整理して臨むようにお願いし、全議案が委員会で可決されました。

 

委員会採決後に行われた議会運営委員会で、「地場企業振興対策特別委員会」の設置が決まりました。

給食センターをはじめ、市の発注する予定の建設事業が次々と計画される中で、発注のあり方をしっかりと審査していくことと、商工会議所と市が作成作業に着手している「中小企業振興基本条例」について、市議会としても、大いに関わっていくためです。

この「中小企業振興基本条例」の作成の件について、今回の議会の一般質問の中での市の答弁は「現在、商工会議所が作成作業を行っており、市も協力して作成作業を行っていく。」ということでした。

 

ちょっとおかしいのではないかな。

これは基本条例の制定に向けた作業です。本来、市が中心となって作成作業に取り組み、そこに商工会議所をはじめ、関係団体の意見を反映させるべきで、立場が逆じゃないの。

基本条例の作成のイニシアティブを他に取られていいのでしょうかね。

 

 

2011.06.23 (木曜日)

今日の議会

28日までが会期の定例市議会は、今日午後、委員会採決が行われます。

午前中、大政クラブなど友好会派と委員会審査の内容について情報交換を行い、採決に臨みます。

 

委員会採決の後、議会運営委員会が開催され、保留されている特別委員会の設置について、結論を出します。

 

2011.06.22 (水曜日)

国保税の最高限度額が値上げされます

市議会は昨日から委員会審査が始まりました。

委員会室が並ぶ三階への階段を上ると、改選後、初の委員会ですので、委員会所管の職員を紹介するため部課長さんが全員集合されて委員会の始まるのを待っておられました。

 

私が所属する厚生委員会では、「福祉保健部」と新設の「こども未来部」を担当し、委員長の中瀬議員、村上秀明議員、山口議員、田中守議員、朝長議員と私の6名で審査を行います。

 

昨日は、国保税の最高限度額の値上げに関する条例案と、補正予算2件の審査を行いました。

国保税の最高限度額の値上げは、国の制度改正に合わせて行われるものですが、介護保険負担分等合わせると、限度額は年77万円と3万円の値上げとなります。

 

さて、理事者側は自分たちのミスを隠そうとして、上手に説明します。

昨日の委員会の中でも、議員が質問して初めて実情を説明することがありました。

怒るのは当然です。

ミスをしないようにしなければいけませんが、そのことを隠そうとされると、常に何か隠してるのではないかと疑ってしまい、本来の審査、議論ができなくなってしまうのです。

 

 

2011.06.14 (火曜日)

県立図書館誘致場所を絞り込めず

市議会一般質問1日目の昨日、一番目に登壇された川添議員の県立図書館誘致に関する質問

「県から聞こえる情報では、大村市がJR駅前周辺と大村高校前の旧市民体育館跡地の二か所を提示しているが、これは、市で一か所に絞り込んでこないと県としては困ると言っているようだが、市はどちらに絞り込むのか」との質問に、市長は未だに絞り込めないでいるようです。

私の感触的に言うか、現実的には旧市民体育館跡地では、誘致は無理です。長崎には勝てません。

本気で誘致するというのであれば、市民会館、現市立図書館、天正夢ひろばあたりの総合計画を立てるべきでしょう。

それとも、下手に市民会館を取り壊すなどの計画を立てると、市議会での反発が出るから、県が駅前を指定すれば、議会も文句言わないだろうから、という期待を持っているのか。

とにかく、本当に誘致したいのであれば、まず、市長の方針を打ち出してほしいものです。

そうでないと、議会としても「どちらでもいいから誘致お願いします」とは、恥ずかしくて言えない。

ましてや、長崎市との勝負に勝つには、地域力(市民力)、政治力を結集しないと勝てない。

 

2011.06.09 (木曜日)

今日から6月定例市議会

今日から6月定例市議会が始まります。

9か月ぶりの市議会ですが、しっかり審査し、議論を交わしていきたいと思います。

会期は28日までの20日間で、一般質問は13日、14日、16日、17日にそれぞれ4名ずつ登壇されます。

今は、すべての本会議がケーブルテレビで放映されるようになってますので、今日も10時から本会議の放映が見れるはずです。

 

 

 

2011.06.08 (水曜日)

圧倒的な強さを感じました

高校スポーツの最高峰を目指す県高総体は一部の競技を残し、ほとんどの試合が終了してるようです。

昨日も佐世保市で行われましたバドミントン競技男子の部の会場に県バドミントン協会長として行ってきました。
男子シングルスの準々決勝から行われましたが、準々決勝に残った8名の内、6名が西陵高校、しかも2年生と1年生というから驚きです。
決勝戦は西陵高校2年生同士の戦いで、同校対決ということもあって、応援も静かに見守ってるという感じでしたが、すばらしいラリーの連続に拍手が送られていました。
優秀したM選手は団体、個人戦ダブルス、シングルスの三冠達成です。
全国レベルにある選手達のインターハイでの活躍は勿論ですが、まだ2年生ということもあり、来年に向けてさらなる成長が期待できると感じました。

 

今は亡き母の思い出
 

 高総体には子どもたちの応援に保護者の皆さんも沢山来られてました。
常連の保護者とは顔なじみになり、中には高校時代、同じ高総体で戦った方もおられます。

さて、もう33年前の私の高総体、母が兄に連れられて初めて試合を見に来てくれました。
団体決勝で破れて落ち込んでた私に、ルールも何も分からない母が一言「バドミントンって外でしよるとと思ったら、体育館でしよったとねー」・・・


「頑張ったねー」とか「悔しかったねー」とかの言葉はなく、「まだ試合あるとね」と聞いて帰って行きました。
 その後、私は個人戦準決勝で熱中症で倒れ病院へ搬送され、次に母の顔を見たのは病院のベッドでした。
 

中三で父を亡くし、母子家庭で、好きなようにさせてくれた母、ラケットが折れた、シューズが破れた、ウエアーが欲しいと言っては黙ってお金を出してくれた母。
豪快なのか感心がないのか、それとも信じていたのか、いずれにしてもいい思い出です。

 

2011.06.06 (月曜日)

議会運営委員会

9日から始まる6月定例市議会に向けて、午前中、議会運営委員会が開催されました。

 

今回の議会運営委員会は改選後初ということもあって、協議事項が多く10時に始まった会は午前中一杯かかって協議を行いました。

留守してました半年の間に、議会運営に関することがかなり変更されており、それでいいのかなと思う部分について、改めて提案をさせていただきました。

基本的に議会改革はそれぞれの議員が、議員としての努めを果たし、一定のルールの中で、最大限の議論を行い、議会として最良の結論を出す努力をすべきで、議会改革は今後も検証を続けながら、変更すべきことはどんどん変えていきたいと思います。

 

2011.06.01 (水曜日)

議案配布

議会事務局で議案を受け取り、会派室で目を通しました。

議案は

条例に関するものが 4件

補正予算など関係議案が 9件

専決処分の承認に関する議案が 6件です。

その他、土地開発公社、振興公社、国際交流協会、総合卸売り市場の事業・決算の報告と23年度の計画の説明があります。

 

一般会計補正予算は1億1,891万円の追加補正で、平成23年度一般会計の総額は371億6,889万円となります。

一般会計補正予算(1億1,891万円)の主なものは

FIBAバスケットボールアジア選手権大会の開催に関する追加予算として 4,700万円

働く世代の大腸ガン検診と肝炎ウイルス検査の無料クーポン券 1,229万円

イノシシなどの鳥獣被害対策 2,589万円 等です。

 

バスケットボールアジア選手権大会の開催にかかる予算は、当初予算ですでに5,000万円が組まれておりますので、今回の予算はシーハットの施設補修その他、受け入れ準備にかかる予算だそうで、総額1億円近い予算となります。

 

明日は大政クラブ、おおむら未来の会、公明党と我が市政クラブ合同で勉強会を行います。