大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

2011.05.31 (火曜日)

神近議員と意見交換

 5月も今日までです。

資料整理と議会への提案事項についての勉強のために議会会派室に行くと、我が会派室のお隣の公明党会派室では神近議員が勉強されてて、迷惑だろうなとは思いつつお邪魔して意見交換をさせていただきました。

 間もなく始まる6月定例市議会の件や議会改革のことなど、意気投合することが多くありましたが、話の内容についてはもう少し具体的になるまで公表はできませんが、議会が政策集団として取り組むべきことや、どんどん議会提案で条例を作って行きましょうということです。

 

ところで、日曜日が雨だったため延期して開催されました大村市中総体の野球競技が市営球場で行われてましたので、応援に参加しました。

決勝戦は私の母校の西大村中学校と地元の桜が原中学校で、ちょっと複雑な心境なんですが、地元ですし、PTA会長をさせていただいていたことと、現在は学校評議員を仰せつかっていることもあり、桜が原中学校を応援しました。

tyuusoutai.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は5対2で西大村中学校が優勝しましたが、一生懸命頑張る子どもたちの姿に感動しました。

 

 

2011.05.26 (木曜日)

政務調査費

長崎市議会の議員51名全員が政務調査費を不適切に使っていたとのことで、対象となる50名の議員全員に市長から返還命令が出されることになるという。

 

事務所費やガソリン代など、大村市議会ではありえないことです。

大村市の政務調査費は議員一人に月額2万5000円(年30万円)が予算化されています。

先進地視察の旅費、行政関係の本の購入、講師を招いての勉強会の講師料、会派での議会報発行の印刷代、パソコンのリース代などが、使用目的にあげられています。

先進地への行政視察については、毎月行う議会の勉強会で、全議員に内容の報告が義務づけられています。

支出についてのチェックは厳しくなされており、曖昧な使い方には支出されません。

 

ただし、これでも検討すべき点はあると感じます。

やはり、「政務調査費」という費目に合う使い方をすべきだと思います。読んで字の如くでしょうか。

議会改革の中で、検討課題に上げていきます。

 

 

 

2011.05.26 (木曜日)

桜が原中学校学校評議員会

昨年度に引き続き、桜が原中学校の学校評議員を仰せつかり、本日、第1回評議員会に出席してきました。

評議員は5名ですが、本日の参加者は4名で、議題は

1,学校経営について ①教育方針 ②学校経営目標 ③重点努力事項について校長からの説明。

2,昨年度2回実施した生徒と保護者による学校評価の結果の説明と今年度の取り組みについて説明と意見交換が主な議題でした。

その他の意見交換でも、多くの意見が出されました。

 

桜が原中学校は、現在、生徒数794名で市内では一番多く、教室が不足し、特別教室を一般の教室として使用しています。

この教室不足を解決するため、今年度、校舎の増築工事を行います。

 

会議後には、今春完成したばかりの「武道場」を視察させていただきました。

 

2011.05.26 (木曜日)

市議会報告40号です

  sigikaihou1.jpg   sigikaihou3.jpgsigikaihou2.jpgのサムネール画像sigikaihou4.jpg 

2011.05.20 (金曜日)

警防団殉職慰霊の日

mokutou.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「警防団の殉職慰霊の日」で、消防団役員で第6分団詰め所前に建立されている慰霊碑の掃除と黙祷を捧げてきました。

昭和20年5月20日、西大村に投下された不発弾の処理中に爆発した爆弾で殉職された20代から40代の警防団12名の慰霊碑で、毎年、消防団で慰霊祭を行っています。

 

2011.05.16 (月曜日)

市内視察に行こう

半年間のブランクを埋めるために、明日は市内の視察を計画してます。

いつの間にか、大型物件の設計予算も通っていたり、そのほかにも、今後の計画で重要なものがあるようですので、カメラ片手に回ってみようかな。

そう言えば、以前のことなんですが、同じように市内視察やってて、議会で予算承認する前に既に着工してある現場見つけたことがありました。いわゆる事前着工というものです。

 

さて、今回の東北地方の災害と浜岡原発の停止で平均15パーセントの節電が必要になりました。

浜岡原発からは九電も一般家庭16万戸分の電力供給を受けるようになっているのですのすが、これが受けられなくなり、九州も同様に節電に取り組まなければなりません。

当然と言えば当然です。

が、はたして一律15パーセントでいいのでしょうか。

東北地方の企業、産業は壊滅状態で、全国に工場を持っている企業は、その分を災害のなかった地方で補っていかなければいきません。

 

産業復興をまず第一に考えるべきではないか。

 

大村市はもともとある地場企業をはじめ、製造業など多くの誘致企業もあります。

日本の産業、大村の企業を支えるためには、企業が必要としている物にどう応えて行けるかではないでしょうか。

国は企業に対しては、強制措置を持って節電に取り組む姿勢のようですが、大村市全体として、どう協力できるか、1パーセント、いや0.1パーセントでもいい。

大村市は全体としての目標をクリアするから、企業の節電を緩やかにする特区を設けられないだろうか。

 

雇用を確保し、税収を確保するために、各家庭や、行政機関、製造業以外のサービス業などが15パーセントではなく20パーセント、いやそれ以上の節電を行う覚悟を持てるだろうか。

 

政治への批判や政治に求める声は大きいが、今こそ、一人一人が産業復興へ向けて本気で考え、実行に移そうではないですか。

公務員だから関係ないとは言えない。経済は回っているのだから。

 

2011.05.13 (金曜日)

議長に辻議員が選出されました

本日の大村市議会臨時議会において新議長に辻勝徳議員が選出されました。

そのほか

副議長 永尾 高宣 議員

監査委員 大崎敏明 議員

議会運営委員長 山口 弘宣 議員

総務委員長 村崎 浩史 議員

厚生委員長 中瀬 昭隆 議員

経済文教委員長 神近 寛 議員

建設委員長 山北 正久 議員

が決まりました。

私は、常任委員会は厚生委員会に所属したほか、議会運営委員会委員になりました。

 

 

2011.05.12 (木曜日)

消防団6分団も新体制でスタート

久々の議会に新鮮さを感じながら、今日も午後は会派室で勉強と作業をを行いました。

夜は消防団6分団の新役員会で、私と同い年の森新分団長を中心に新体制のスタートです。

私は引き続き「部長」を務めさせていただきますが、分団の中でも若手を励ましながらの指導と調整役になってきました。

いつ起こるか分からない災害や火災に対応するために、日頃の訓練はもちろんのこと、団員の心を一つにまとめることが我々の役目でもあります。

まだまだ、現役団員で頑張ります。

 

明日は臨時議会で、本会議はケーブルテレビでも放映されるようです。

 

2011.05.11 (水曜日)

会派室で作業

 

kaihairiguti.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kaihasitu.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我らが会派「市政クラブ」の砦となる会派室です。議会事務局のある市役所奥の入り口を入って3階にあります。

今日は朝からここで「さとわき清隆の市議会報告 40号」作成の作業をしました。

以前は「市政報告」としていたのですが、「市議会報告」に名称を変更しました。

13日の臨時議会後の発行となる予定です。

 

 

2011.05.10 (火曜日)

市政報告40号作成に着手

 siseihoukoku.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成7年の市議会初当選以来、発行し続けてきました「さとわき清隆の市政報告」の作成に取りかかっております。

1期目で12号まで発行したのですが、その後、空白があったりで、4期で38回の発行と浪人中の半年の間に1回発行しましたので、発行回数は39回で、今回で40号になります。

一期平均10回の発行ということで、議会ごとの発行を目標にしてはいるのですが・・・。

作成費用はもちろん自費です。

市政報告とはいえ、自分自信の考えや活動報告も含まれているのですから、自費、または後援会で作成するのが当然です。

政務調査費などの公費は一切使ってません。

 

 

 

13日(金)に臨時議会が開催され、正副議長の選出ほか各委員会の決定などが行われます。

議場と控え室を行ったり来たりの繰り返しが行われますので、新人議員はとまどう初議会となります。