大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

2011.01.28 (金曜日)

火災出動

朝から、大村市雄ヶ原町の一般建物火災が発生し、お隣第7分団の管轄区域ということで、我が第6分団も応援出動しました。

残念ながら全焼でしたが、住民の方にけがもなく幸いでした。

とにかく火事は怖い。という意識を忘れず、火を使うときは離れないようにしてください。

 

2011.01.26 (水曜日)

県庁舎建設についての報告会

kenntyou.jpg

 

昨夜、長崎インターナショナルホテルで開催されました「県庁舎建設についての報告会」に出席しました。

長崎県建設情報ネットワーク委員会の主催で、大村商工会議所、大村商工会議所青年部、大村市町内会長会連合会、活き活き大村推進会議が後援し、県庁舎移転建設の方向性にほぼ決着がついたということで、開催されたもので、会場には関係者をはじめ大村市内外から550名もの方々が出席されてました。

説明には県議会から県庁舎整備特別委員会委員長の小林克敏県議、同委員会委員の山田博司県議、県からは藤井副知事、山口総務部長をはじめ担当理事の方々がお出でになり、まず小林県議から県議会としてのこれまでの経過と結論の報告がなされ、続いて、藤井副知事から県庁舎建設のみならず、街づくりの考え方、進め方についても説明がなされました。

県庁を大村へという思いはありましたが、一昨年から行われてきた「県民の意見を聞く会」また「パブリックコメント」の結果から、県央地区ましてや大村市への移転は100パーセント無いということです。

1月17日行われた県知事による県内の市長・町長の意見を聞く会でも、大村市を除く全ての首長が今回の計画に賛同し、早急に建設に取り組むべし。との意見でした。

県庁舎建設の問題は、昭和46年に始まり、以来、県議会の改選の度に振り出しに戻って議論が繰り返されてきました。

著しい老朽化と狭隘化に、もう待ったなしの状況を踏まえて、県議会が、今春の改選前に結論を出されたことは、大いに評価すべきと思います。

県庁舎建て替えにあたり、平成元年より基金を設立し、すでに370億円も積み立てられ、将来計画がきちんと立てられていること、最近建設された栃木、石川、鹿児島などの県庁舎が500億から600億円かけられているのに対し、長崎県庁の建設計画は最大387億円で、基金と国庫補助金の範囲で実現させるという実にみごとな計画です。

もちろん、将来の道州制が現実となった時の建物(特に議会棟)が柔軟に活用できるように視野に入れているとのことです。

後は、中村知事が公式に建設計画の公表をされるのみで、その時期はもう間もなくだと思われます。

 

 

2011.01.24 (月曜日)

よほど焼き肉が・・・

土曜日、消防団の団員の厄払いの飲み会があり、私は時間に間に合うように出発。

会場と思っていた某焼き肉やさんの前に着いた時に、同僚の団員から迎えにこようかとの電話。

「もうお店の前に着いたから大丈夫よー。」

時計を見て、予定時刻10分前。余裕で間に合ったと安心しながら入店。

「お世話になりまーす。6分団ですが、会場は二階ですか?」

お店の店員さんが「・・・」

慌てて、アイフォンの予定表確認。

そこには近所の焼鳥屋さんの名前が。

「すみませーん。会場間違えました。」

朝から慌ただしい一日だったとは言え、確認は大事ですね。

 

 

2011.01.18 (火曜日)

立候補予定者説明会の案内状が届きました

1月も後半になり、県議選立候補予定者や数名の現職市議が街頭演説をやってるようです。

私も着々と準備を進めていますが、今日、大村市選挙管理員会より「大村市議会議員一般選挙の立候補予定者等説明会」の案内状が届きました。

電話等での確認はありませんでしたが、先のブログで出馬表明をしてたからなのでしょうか、選管の職員さんが親切に送ってくださったようです。

 

政治活動の空白を終えなければ。

私は昨年の9月市議会まで出席しましたので、議会活動の空白は昨年12月議会だけなのですが、やはり、寂しさとともに不安をいだきます。

どういう議案が出され、市議会がどのような議論をされているのか、見えない部分が多いからです。

議会の現場にいる時は感じなかったことですが、行政や議会がどのように激しい議論を展開しようとも、一般の市民にとって見えないもの。

少なくとも、結果は知ることができても、過程の議論を知ることはありません。

議長拝命中に市民と議会が身近なものになるようにと「議会改革」に取り組みましたが、市民から見ると、決して十分ではないことをわずか数ヶ月ながら実感できました。

大村市の将来を思うとき、私自身の政治活動にこれ以上の空白をつくる訳にはいきません。

先の市長選挙は市民の皆様が私に与えてくださった試練とともに原点を見つめ直す機会だったと受け止め、春には充電期間が終えられるよに頑張ります。

 

2011.01.07 (金曜日)

出初め式準備

久しぶりに好天気となりました。

もう1月も7日です。七草がゆ食べましたか。

午前中、明日開催される「大村市消防出初め式」の準備を行い、消防車の洗車とワックスをかけてピカピカに磨き上げました。

明日は午前中、市民会館での式典、市中行進、大上戸川での一斉放水を行います。

一斉放水は見応えありますよ。カメラ持ってぜひ見学にお出で下さい。

 

午後は2時からお楽しみ?祝賀会で、例年のとおり、夜まで、ずーっと飲むことになるんでしょうね。

以前は、2次会も法被を着て行くようになってましたので、夜の街はほろ酔いかげんの法被姿が貸し切ったような雰囲気でしたが、数年前より法被は祝賀会の時だけで、2次会からは私服でOKとなり、個人的にはほっとしてます。

「青年じゃないんだから、わきまえて飲むように」と自分に言い聞かせてます。