大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のコメント

2010.09.24 (金曜日)

明日の大村を語る会は終了

6月1日から行ってきました「明日の大村を語る会」は今日の古町5区公民館と福重地区の弥勒寺公民館で終了しました。

26日以降は、「個人演説会」となります。

さて、できるだけ毎日情報発信してきましたこのブログの書き込みは、公職選挙法の関係で今日で終了します。

 

2010.09.23 (木曜日)

あと三日

いよいよ、あと三日に迫りました。

マニフェスト公開討論会を見て下さった方から、「目指す政策が分かりやすく、力強さを感じた。」など、多くの激励のお言葉をかけていただいてます。

秋らしい涼しい気候になりました。

さあこれからです。

 

2010.09.20 (月曜日)

ローカルマニフェスト型公開討論会

大村青年会議所主催の公開討論会やってきました。

福岡工業大学の池田賢治准教授がコーディネーターを務められ、1時間半近い討論会でした。

討論会といっても、互いに激しくやりとりを行うというものではありませんが、それぞれの政策の違いをアピールしあう形での討論会で、来られている方には物足りない感じだったかもしれませんね。

初めての経験で緊張しましたが、自分の言うべきことは、ちゃんと伝えられたと思います。

企画された青年会議所の皆さん、お疲れ様でした。

 

2010.09.19 (日曜日)

総決起大会

昨夜の決起大会ですが、市民会館のロビーに溢れるほど、多くの方々においでいただき、感激しました。

正式表明から135日、まさかこんな大きなホールで開催できるとは思ってもいなかったので、応援して下さる後援会の広がりに確かな実感をかんじます。

会の中での牟田会長の挨拶を許可をいただいたので、ご紹介します。

 

みなさんこんばんは。
里脇清隆後援会会長の牟田と申します。
 
何も無いところから始めた、「もう変えんば」という里脇清隆後援会の活動、
今日、ここにこんなに沢山の方にお集まりいただき本当に驚いておりますとともに、心より感謝申し上げます。
お忙しい中お集まりいただき誠にありがとうございました。
 
皆さんは、“パターナリズム”と言う言葉をご存知でしょうか。日本語に直せば“父権主義”、父親の権利主義、と書きます。
ちょうど今週のNHK朝のテレビ小説「ゲゲゲの女房」であっていた様な事です。
 
父親が家族の事を守ろうとするあまり、その権力で、家族の自由な考えを奪って、自分の考えを押し付けてしまうことがある様に、
世の中の強い力を持った者が、力の弱い者を守ろうとするため、その力で考えや発言の自由を奪い、物事を決定してしまう事を言います。
 
その代表として、私が生業としている、“医師”が上げられます。
かっては、患者さんの病気を治したいと思うあまり、患者さんの納得を得られないまま、検査や治療を医師自身の考えで進めていく。と言った事がありました。
しかし今は、インフォームドコンセント、説明と同意、と言う考えの元、医師と患者が、病気について同じ認識を持ち、一緒に病気と闘おう、と言う形に変わってきています。
 
街づくりはどうでしょう。
選挙で選ばれたとはいえ、街づくりをリードする人達が情報を開示することなく、自分たちだけの議論でこの街づくりが行われていないでしょうか?
私たちが選んだ人だから、私たちのことを考え、街づくりをしてくれるので、まかせておけばいい。
そう思っていませんか?
 
街づくりに使われるお金は、私たちが汗水たらして働いたお金の中から税金として集められたお金です。
その使われ方を、黙って見ていていいのでしょうか?
 
私はそうは思いません。
市民から選ばれたリーダが行う事であっても、医療と同様、その目的、必要性をきちんと説明した上で、この街づくりをすすめるべきだと思います。
 
里脇清隆は、市会議員をしながら、この不自然さに気づき、
議長の時には議会のあり方を変えました。
今度は、大村の街づくり全体を変えようと決意しここに立ちあがったのです。
 
里脇や私たちが叫ぶ“もう変えんば”と言うのは、
何も「市長を変えんば」と言う事ではありません。
大村の街づくりを、市民全員で考える仕組みに変え、
この大村市を、「皆が笑って暮らせる街に変えんば」と言っているのです。
 
父権主義の話をしましたが、
私は、父権主義を完全に否定するわけではありません。
 
父権主義の大前提は、
父親が家族を愛している事です。
街づくりのリーダは、この街を愛し、
言葉や態度でその気持ちを住民に伝える事が出来なくてはいけません。
 
そこが、父権主義と権力主義の分かれ目です。
 
そのためには、
リーダたる者は、誠実で、私利私欲なく、他人の為に自分を捨てる事が出来る人間でなくてはいけません。
 
里脇清隆は、その資質を持った人物であると、私は確信し、皆様にご推薦する次第であります。
 
皆さん、周りの人に、
「大村ば変えようや」
と尋ねてみてください。
「本当に変わっとね?」
と多くの人が答えるでしょう。
そういう人たちは、大村を変えたいと思う、潜在願望を持っているのです。
今に満足している人であれば、
「なんで変えんばと。」
と言うはずです。
 
「本当に変わるとね?」
と言う人がいたら、
「里脇と一緒に、皆で力ば合わせればきっと変わるよ。皆で変えようや。」
と言って、里脇事務所に一緒に足を運んでください。
 
新しい船出には、新しい船長が必要です。
波は高く、難し航海かも知れませんが、
新しい船長の元で、皆が一丸となって、
新しい航海に漕ぎ出しましょう。
 
この大村市を、
未来を担う子供達に誇れる、素晴らしい街に変えましょう。
 
ご協力よろしくお願いいたします。
本日は、ご出席いただき、本当にありがとうございました。

2010.09.19 (日曜日)

反応がすごいです

今日は「昨夜の決起大会よかったですよ。」と言ってくださる方がお出でになったり、電話をいただいたりと反応のすごい一日でした。

今夜もミニ集会を開催していただけます。

ありがたい話ですね。

 

2010.09.17 (金曜日)

議員辞職しました

本日の議会の最後に追加議案として出されました私の議員辞職の議案が常任され、15年間の議員生活にピリオドが打たれました。

議会後議員控え室で、全議員と事務局職員の皆さんにご挨拶させていただき一足先に議会を後にしました。

挨拶させていただきながら、この15年間の思い出が次々と浮かんできて、短いようでも色々なことがあったなと経験できた時間の長さを感じました。

今、この瞬間から議員という肩書きをはずし、新たな目標に向かって進みます。

 

 

2010.09.17 (金曜日)

9月議会最終日です

昨日は、村崎議員の繋がりで某宅にお呼びいただき、近所の方々とのミニ集会を開催していただきました。

夜の、水田公民館での【語る会】も多くの方々にお出でいただき、弁士の村崎議員もかなり力のこもった演説で、会場の雰囲気を盛り上げてくださり、話しやすかったですよ。

嬉しいことに、閉会後に「頑張ってね」ではなく「頑張るけんね」という言葉をかけて下さる方が、どんどん増えてきました。

風を、それも確かな風を感じます。

 

今日は議会最終日で、私の議員としての最終日となります。

 

 

 

 

 

2010.09.15 (水曜日)

総決起大会

【新しい大村をつくる市民総決起大会】を

18日(土)午後7時30分より

市民会館大ホールで開催します。

 

2010.09.15 (水曜日)

充実の日々が続いてます

多くの協力者の皆さんのお陰で、充実した密度の濃い毎日です。

昨夜の【語る会】は2会場行いましたが、どちらも多くの方々においでいただきました。

今朝は某会社の朝礼に行ってきました。

 

2010.09.09 (木曜日)

総決起集会の日程

書き込みが数日空いてしまいました。

昨夜の【語る会】も多くの方々にお集まりいただきました。

今夜の【語る会】は東大村の松尾公民館で行います。

昼間は市議会常任委員会で、私の所属する経済文教委員会は審査項目が多く、明日までびっしりかかりそうです。

総決起集会の日程が決まりました。

9月18日(土) 

午後7時30分から

大村市民会館大ホールです。