ふるさとをこよなく愛する

2010.03.16 (火曜日)

議会を試してるのか、それとも馬鹿にしてるのか

議会は、委員会の審査を終え、採決前の会派打ち合わせに入ってますが、各委員会の状況を聞くと、まるで議会は試されてるのか、それとも馬鹿にされてるのかなと思うような状況です。

保育園の第2子無料化は、財政健全化計画は無視して22年度まで続けるというが、理由がこじつけだ。

緊急経済対策だとのことだが、他の補助金は平気で足きりを行ってか?

おまけに、「すでに保育所には方針が伝えられており、保護者も知っている。今さら修正はできないだろう。と言う議会内部の声。」
それはおかしいと思う。
現状追認の議会だったら、議員なんか要らない。

私も驚いたことに、「このままではダメだ。」という声が3分の2ほどになった。
ところが、「今まで何も言わないで、今更、議会はおかしい。」と言ってる幹部職員がいるらし。
もちろんお名前は議会内でも上がってますが・・・。

議案が上がってきたのは今議会。
財政健全化計画に沿ってるならともかく、変更するなら、もっと早く提案すべきだ。
それが信頼関係と思うが・・・。


もう一つ問題が発生したようです。

学校給食センター用地として交渉を進めている「おおむら野上跡地」の買収金額で、「入国管理センター跡地の購入単価、坪6万6千円より絶対高くは買わない。」と、あれだけ強気で、しかも本会議で言ってたのに、どうもその値段では買えないようですよ。
交渉単価は更地での話しですから、今更、解体費用の話し、まさか出てこないでしょうね。

だから、入国管理センター跡地の「多目的広場建設」の補正予算が(今回は用地費と設計費)出されたとき、給食センター用地がはっきりしてからやるべきではないかと言ったのに・・・
ましてや、市長があまりにも、金額でムキになるから、私は「野上跡地の金額が、6万6千円より絶対安くないといけないとは言わない。
買えなかったらどうするのか、心配してるんです。」と価格については助け船出したんだけど、さらに市長は顔真っ赤にして、ムキになって、「大丈夫だ」と言うから、よほど自信があるんだなと思ってたら、この始末。

昨日から、副市長と担当部長が会派長を説得に回ってるそうですが。

みんな怒ってるぞー!

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)