大村をもっと元気に!もっと楽しく!優しさあふれるまちづくり「実績できるまちづくり」さとわき清隆

0957-55-5836

ふるさとをこよなく愛す

最近のブログ記事

最近のコメント

2010.03.31 (水曜日)

いのちの講演会

昨夜、シーハットおおむら さくらホールで開催された、
第28回 いのちの講演会
 (大村いのちを大切にする会・大村家庭教育を考える会 主催)に
行ってきました。

「いのちを大切にする会」は円ブリオ基金という、一円募金で大切な命を守ろうという活動を行っている会です。

総合司会は伊川議員、フォーラムの司会は川添議員で、面白い組み合わせです。というより、ボランティアや社会奉仕活動に積極的に参加されているということですね。

このフォーラムでは、教育委員会の岩松先生(校長として新年度、現場へ戻られます)、小児科医の野口先生、西教寺の田中顕昭住職、そして大村いのちを大切にする会の梅野さんが、「いのちを考える」ということでのお話をいただきました。

それぞれに、経験を積まれた方々で、実感のこもった、いいお話でした。

メインは拓殖大学国際学部教授の呉善花(お そんふぁ)さんの講演。

韓国済州島の出身で、日本に来て26年になる私と同世代の方ですが、
講演の内容がおもしろい。
「だから日本がおもしろい」と題して、日本の文化や風習、日本が世界に誇れるものなどなど、日本人以上に日本を知り尽くしておられ、軽快な話し方(もちろん日本語で)は1時間半をあっという間だったと感じさせるほどで、いい勉強になりました。

みなさん、円ブリオ基金に協力しましょう。

2010.03.30 (火曜日)

メールアドレスが変わりました

ご無沙汰してます。久しぶりの書き込みです。

OCNに変えましたので、メールアドレスが変わりました。

satowaki1959@way.ocn.ne.jp です。

どんどんメール下さい。

2010.03.24 (水曜日)

議会最終日です

3月定例市議会も今日までです。

本会議で、各常任委員会での採決の結果を委員長が報告し、全体での採決となります。
今議会では、一般会計特別委員会(全員委員)が設置され、すでに、委員会の採決で、全員の意思は確認済みですので、本会議で委員長へ質問がなされることは無いはず。
保育料第2子無料化の修正案については、賛成、反対の熱い討論のみが行われると思います。

本会議では、給食調理場予定地の「大村のがみ跡地」の購入交渉について、市長が、先日の本会議での発言を訂正するようで、「陳謝」するそうです。
この件については、先日、マスコミをシャットアウトしての「市議会市政研究会」で副市長が開発公社の理事長として、市長発言を訂正して済ませようとしましたが、市長派?の議員から、「それで済ませるのはおかしい」との発言に全議員が同調して、今日の市長陳謝になるものです。

2010.03.21 (日曜日)

結婚披露パーティー

昨夜の町内会の役員・班長会。
以前から相談は受けたいましたが、次年度、町内会副会長に選出されました。勿論、総会の承認はいりますが。

しかし、副会長は一人だけ。
会合が終わって、会長さん方に
「副会長受けるのに二つ、言っとくことあるんです。
一つ目は、議員は町内会長になれませので、会長の後任にはなれませんよ。
もう一つが特に重要なんですが、
今年、秋の・・・で、迷惑かけることになるかもしれません。」


会合が終わって、バドミントン仲間のY岡けんじ君と、みよさんの結婚披露パーティーへ。
会場はヴィラテラス(旧ナビックビル)で現在は、ベルズさんが経営してるお店です。

30人ほどでお祝い。

パーティーを盛り上げるのは、我が同級生の池田君。
さすがに上手い。
二次会会場のカクテルバーへも、ほぼ全員が参加。

末ながーい幸せをお祈りします。


今日は、これまたバドミントンの関係なんですが、自衛隊竹松駐屯地に勤務のK川君の結婚披露宴に今から行ってきます。

2010.03.18 (木曜日)

市内視察

午前9時半から、経済文教委員会のメンバーで三城城趾の現状視察。

国の文化財の指定を受けるために準備作業を進めていますが、地権者の同意取得がなかなか進んでおらず、また区域内を新幹線が通る予定で、工事内容も問題。
まだまだ時間がかかりそうなんですが、そうも言っていられない事情もあり、新年度に委員会で文化庁へ行くことになりました。

11時からは「市政研究会」
給食センター用地取得の件で・・・
残念ながら、これ以上の報告が今は書けない。済みません。

午後1時からは、予算特別委員会の採決。
保育料第2子無料化の予算を完全無料ではなく、財政健全化計画のとおり、半額は保護者の負担をもとめるように修正し可決。
600名の子どもに1億円の単独予算を5000万円に。

午後2時から新幹線特別委員会。
現状の報告を受ける。

午後3時から、議員ほぼ全員で新幹線鈴田トンネルの工事現場視察。

長靴、ヘルメットに防塵マスクでトンネル内の先端掘削現場へ。
250メートルほど、掘れてました。

2010.03.17 (水曜日)

卒業式

昨日は、午前中、桜が原中学校の卒業式に出席。
桜が原中学校
261名の卒業生一人一人に卒業証書が手渡され、校長先生、大村市教育長のご挨拶は勿論のこと、在校生の送辞と、卒業生の答辞には「すごいなー」と思わせる、すばらしい挨拶で、感動しました。


1・2年生の「翼をください」、卒業生の「旅立ちの日に」、全員での「大地讃頌」は桜が原中学校の定番ですが、どうしても涙腺が緩くなってしまいました。

午後は、委員会採決で、私の経済文教委員会は特に問題はありませんでしたが、厚生委員会で色々とありました。

まだ、内容が流動的で、書けませんが・・・

今日は午前中、委員会のメンバーと長崎県立図書館の視察に行ってきます。

2010.03.16 (火曜日)

議会を試してるのか、それとも馬鹿にしてるのか

議会は、委員会の審査を終え、採決前の会派打ち合わせに入ってますが、各委員会の状況を聞くと、まるで議会は試されてるのか、それとも馬鹿にされてるのかなと思うような状況です。

保育園の第2子無料化は、財政健全化計画は無視して22年度まで続けるというが、理由がこじつけだ。

緊急経済対策だとのことだが、他の補助金は平気で足きりを行ってか?

おまけに、「すでに保育所には方針が伝えられており、保護者も知っている。今さら修正はできないだろう。と言う議会内部の声。」
それはおかしいと思う。
現状追認の議会だったら、議員なんか要らない。

私も驚いたことに、「このままではダメだ。」という声が3分の2ほどになった。
ところが、「今まで何も言わないで、今更、議会はおかしい。」と言ってる幹部職員がいるらし。
もちろんお名前は議会内でも上がってますが・・・。

議案が上がってきたのは今議会。
財政健全化計画に沿ってるならともかく、変更するなら、もっと早く提案すべきだ。
それが信頼関係と思うが・・・。


もう一つ問題が発生したようです。

学校給食センター用地として交渉を進めている「おおむら野上跡地」の買収金額で、「入国管理センター跡地の購入単価、坪6万6千円より絶対高くは買わない。」と、あれだけ強気で、しかも本会議で言ってたのに、どうもその値段では買えないようですよ。
交渉単価は更地での話しですから、今更、解体費用の話し、まさか出てこないでしょうね。

だから、入国管理センター跡地の「多目的広場建設」の補正予算が(今回は用地費と設計費)出されたとき、給食センター用地がはっきりしてからやるべきではないかと言ったのに・・・
ましてや、市長があまりにも、金額でムキになるから、私は「野上跡地の金額が、6万6千円より絶対安くないといけないとは言わない。
買えなかったらどうするのか、心配してるんです。」と価格については助け船出したんだけど、さらに市長は顔真っ赤にして、ムキになって、「大丈夫だ」と言うから、よほど自信があるんだなと思ってたら、この始末。

昨日から、副市長と担当部長が会派長を説得に回ってるそうですが。

みんな怒ってるぞー!

2010.03.12 (金曜日)

急きょ、本会議の開催です

予定では、今日も朝から委員会なのですが、「普天間基地の移設反対」の意見書を国の関係機関に送付するために、急きょ本会議が開催されます。

先日の臨時議会でも移設反対の決議は行ったのですが、今回は意見書を送付するために行うものです。

一緒にしとけばよかったのにねー。

さぁ、昨日行けなかったので、今日こそ病院行こうっと。

2010.03.11 (木曜日)

風邪ひいたみたい

昨日の朝から喉の調子がおかしいと思ったら、昨夜は鼻水がダラダラ。

今日から委員会というのに下を向けない。病院行こうっと。

2010.03.10 (水曜日)

明日から委員会

一般質問の日程が一日余ったので、今日は議会はお休みで、議案の勉強でした。

昨日の一般質問にたった山口弘宣議員がエレベーターの予算が上程されたないことに不満の質問。

このエレベーター予算というのは、昨年9月議会各地区にある出張所7カ所の内、5カ所にエレベータを設置するということで、突然1億円の予算が付けられましたが、あまりにも唐突で、内容に異議ありということで、議会では予算を認めず、一般会計の予備費に回す修正を、ほぼ全会一致で可決しました。
議会での修正にあたり、全てを反対しているわけではない。一カ所2千万円もかけるのなら、平屋の会議室ができるではないか。
それぞれの出張所で、どうすることがベストか検討して出しなおすことを望む声が多かったのですが、とうとう市長はその後、全く検討もせず、22年度度の予算に計上しませんでした。

山口議員の提案は、三浦出張所の横にある、三浦幼稚園は、2年前より休園状態で、認定こども園の計画も進みそうにないから、いっそ、解体して、地区コミセンなる会議室を建設してはどうかというものです。

市長の答弁は、検討する気はまったくなし。

要するに議会内の声は、当初からエレベーターなど、どうでもよかったということ。
また、選挙までは手を付けず、議会が反対したからできなかったと、市民に訴えるつもりだろう。という見方です。

さて、明日からは特別委員会の分科会で審査を行います。