ふるさとをこよなく愛する

2009.11.17 (火曜日)

スマートインターチェンジは実現させたいが・・・

 今朝の新聞記事にあるとおり、市は長崎自動車道の木場パーキングエリア付近にETC搭載車が利用できるインターチェンジ(「スマートインターチェンジ}と言います。)を設置する計画を発表しました。

このインターチェンジができると、大村市の中心部にとっては大変便利で、大村市の発展に繋がると、私も思っていますので、ぜひ実現させたいものです。
建設費用は全体で約30億円。
料金システムから高速側、約24億円は、西日本高速道路(株)が負担し、市道からの取り付け道路の部分、約6億円は市が国の交付金事業で行います。
交付金で賄われるのは6億円の半分強(約55%)ですが、新政権になってますので、この事業が認可されるかは分かりません。

ましてや、スマートインターチェンジは、ETC専用のインターチェンジでしょ。
民主党は高速無料化を公約としてますので、ETCが要らなくなってしまいますから、普通のインターチェンジということになりますね。

コメント(0)

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)